内縁破棄 婚約破棄

 

婚姻届を提出していないいわゆる内縁関係にある場合でも、内縁関係は、準婚関係と言われているくらいですから、離婚と同様に財産分与が認められ、一方的な不当破棄等があれば、慰謝料を請求できます。

naien3

ただし、法律上、内縁と言えるためには、当事者間に夫婦共同生活と認められるような関係を成立させようとする合意のほか、夫婦共同生活が存在していることが必要です。同居期間が一定以上経過しているかとか、同居期間が短い場合には、結婚式を挙げているか、近所の人たちが夫婦と認識しているかとか様々な事情を考慮して、当事者間に社会通念上夫婦共同生活と認められるような社会的事実が存在しているかを判断し、夫婦共同生活が存在しているかを判断することになります。

 婚約破棄についても慰謝料等が発生する場合があります。

ただし、結婚の約束をした場合でも常に婚約と認められ、破棄された場合の慰謝料が認められるわけではありません。、婚約指輪をもらっているか、両親や上司等への報告をしているか、結納を行ったか、結婚式場の予約をしたか等様々な事情を考慮し、婚約の有無を判断することになります。