年金分割

 平成19年4月1日から年金分割制度が施行されています。

これは、離婚時に、婚姻期間中に支払った厚生年金(公務員の場合は共済年金)について、当事者間の合意又は家庭裁判所の決定で、2分の1を上限に、分割できるとされるものです。例えば、離婚に際して夫が妻に2分の1の割合で年金分割を行った場合、婚姻期間中に夫が支払った保険料の2分の1を妻が払ったという扱いになり、年金を受け取る段階でその分受け取れる年金額が増えるというものです。

この年金分割も、財産分与の一種であり、離婚の際に決めておくべきことの一つです。
分割割合については、厚生年金法が「当該対象期間における保険料納付に対する当事者の寄与の程度その他一切の事情を考慮して按分割合を定めることができる」としていますが、家庭裁判所では、分割割合は2分の1と定められることが多いです。

nenkin2

年金分割を行う期間

なお、離婚後に年金分割を行う場合、2年以内にしなければならないので注意してください。また、年金分割については、平成20年4月から、いわゆる3号分割という制度もできております。これは、夫が厚生年金や共済年金に入って、妻は年金保険料を払っていない第3号被保険者が平成20年4月以降に離婚した場合、合意を必要とせず、平成20年4月から離婚までの間に夫が支払った保険料の半分は妻が払ったという扱いになります。

 

myp3

 

tel