弁護士に相談するメリット

新しい生活のためにベストなアドバイス!

誰にも相談できずに悩んでいる方、離婚について周囲に相談している方、その悩みをぜひ弁護士にご相談ください。離婚は人生におけるとても大切な決断です。離婚の手続は、正確な知識と離婚後の生活について専門的なアドバイスしてくれる味方が必要です。

弁護士であれば、離婚後の生活設計までを冷静に見つめ、依頼者の方にすこしでも有利な離婚となるようなアドバイスができます。きっと「心強い味方」になれるはずです。

夫婦間の話し合いで離婚が成立する場合(協議離婚)のように、弁護士に相談せずに離婚の手続を進める方もいらっしゃいますが、後になって紛争が蒸し返されることが多々あります。

たとえば、養育費について話し合ったのに書面に残しておかなかったり、書面を作成したにもかかわらず法的には意味がなかったり、 取り決めたはずなのに、支払われなかったりするなどのケースです。また、調停が成立し、調停の内容としては財産分与として受け取れるべき家や財産があったとしても、調停の手続中に相手方に財産処分がされてしまうと、結局手元に何も残らない・・・なんていう事態もあり得るのです。

弁護士に相談をいただければ、法的に万全で間違いのない書面の作成・手続の選択・遂行により、のちのトラブルを未然に防ぐことができます。

離婚を考え始めたときから離婚が成立した後まで、難航する交渉も面倒な手続も「離婚問題のすべて」について一貫して対応できるのは、弁護士 だけです。離婚のために、お子さまの「親権」をやむなくあきらめる方もいるようですが、交渉や調停・訴訟をせずしてあきらめる必要はありません。

離婚問題に関わろうとする行政書士も見かけますが、行政書士は有料での法律相談や相手方との交渉、離婚調停や離婚訴訟に関与することが法令で禁止されています。行政書士はご依頼者の代理人になることができず、書類を代筆する権限しかないからです。

弁護士は、依頼者の方の代理人として協議離婚の際に相手方との交渉や離婚協議書の作成を行うことができますし、離婚調停では実際の申立や調停の期日に代理で出席することもできます。さらに、訴訟のプロフェッショナルですので、離婚訴訟までも対応することができます。

つまり、弁護士であれば、離婚の一連の手続をすべて踏まえたうえで、依頼者の方をトータルサポートすることが可能なのです。

 

離婚を考えたら先ずは弁護士に相談

離婚に至るまでには、相手の態度、気持ちを見極めたり、子どもの心のケア―もしつつ、新たな生活に向けて一つ一つ決断し、進んで行かなくてはなりません。

精神的にも体力的にも、大きなエネルギーを使います。誰にも相談できない人も、誰かに相談して余計に困惑してしまう人も、「これで良かった」と後悔をしな い選択をして行きたいと思っているのではないでしょうか?選択権は自分自身にあるのですから、弁護士に相談をして客観的に自分を見て一呼吸をすることは、 決して無駄ではないのではないでしょうか?その上で、この弁護士さんにアドバイス頂きたいと思える弁護士を探して、自分と新しい人生のために最初から安定したス タートを始めるのが良いのではないでしょうか。

弁護士に離婚の相談は、初回はほとんど無料相談ですから弁護士に相談するメリットがあります。
電話相談がなかなか出来ない方は、メールにて落ち着いて考えを整理して相談することも良いかも知れません。

 

myp3