不貞相手への慰謝料請求

futeiaiiteniseikyu2

直接、離婚とは関係ありませんが、離婚に付随するものとして、不貞相手に対する慰謝料請求について、説明します。
不貞行為は、貞操権に対する侵害行為であり、夫婦関係を破壊する可能性が高いもので、不貞をされた夫婦の一方は精神的に大きなダメージを負わされますので、損害賠償請求の対象となります。
裁判になると、実際には不貞行為を行っていても「やっていない」と主張する者が少なくありませんので、不貞が行われたことを証明する証拠が重要となります。

不貞相手に対する慰謝料請求金額

不貞相手に対する慰謝料請求についても、あまり金額は大きくならないことが多いです。不貞が夫婦関係を壊す原因になったとしても、事情により異なりますが、100万円~300万円位になることが多いと思います。夫婦関係が壊れなかった場合に至っては、相場はもっと低額で、50万円~150万円程度が多いように思われます。
なお、不貞相手に対する慰謝料請求については、不貞をした配偶者と不真正連帯債務の関係という関係になり、不貞をした配偶者が損害賠償を支払ってしまえば、不貞相手の支払い義務も無くなるという関係になっています。