親権について

shinken2

離婚の際に、お子様がいる場合には、親権者を定めなければなりません。ただ、ご両親ともに、子供は可愛く、離婚の際に親権でもめることは、相当多いです。親権を定める際、裁判所は様々な要素を勘案して、どちらに親権を定めた方が子供の利益子の福祉)になるかを判断して決めます。

親の事情として

  • 子の監護に対する意欲、能力
  • 監護親の健康状態
  • 経済的、精神的家庭環境
  • 居住、教育環境
  • 子に対する愛情
  • 親族、友人の援助の可能性を、

子の状況として

  • 子の年齢、心身の発育状況
  • 従来の環境への適応性、環境の変化への対応性
  • 監護継続の原則、母親優先の原則等を考慮しているようです。

親権は、上記のように様々な事情を考慮して定められますが、幼い子供については、基本的には母親が優先されることが多いように思われます。もう一つ大きな要素となるのは、子供の現状維持が考慮されるということです。これは、幼い子供にとって、生活環境を変更することは大きな負担になることに配慮したものです。よって、親権を定める際には、現状、子供を養育していることが有利に働きますので、別居の段階から自分が子供を監護養育(簡単にいえば、一緒に暮らすこと)しておく形にしておくことが重要です。

 

myp3

 

tel