財産分与

 財産分与とは離婚の際の財産の精算

夫婦が婚姻生活中に二人の協力で築いた財産は、名目上はどちらか一方の財産となっていても、本来的には夫婦で共有しているものなので、離婚の際、精算・分割する必要があります。

どのようなに分与するかについては、婚姻後、別居までの間に築いた財産を、寄与度に応じて分けることになりますが、現在では半分ずつ分けるのが原則になっているといえます。

なお、婚姻生活中に一方が遺産相続で財産を取得したような場合、これは夫婦の協力によって築いた財産ではありませんので、共有財産には含まれず、財産分与の対象になりません。

財産分与を請求するにあたってもっとも大事なことは、夫婦の共有財産をしっかり把握して、その存在内容を証明する証拠を確保しておくということです。本当はもっと財産があるはずなのに、分からず、財産分与を請求できないというケースも少なくありません。特に別居をしてしまうとなかなか相手が管理している財産の調査は難しくなりますので、別居前に、通帳等のコピーをとったりしておくことが大事です。

財産分与も、話合いでまとまらなければ、調停を申し立てることができ、調停でまとまらなければ、審判に移行します。また、離婚自体について、裁判になった場合に、一緒に財産分与を申し立てることもできます。

zaisan2

財産分与請求は、離婚後もできますが、離婚後2年が経過すると権利が消滅してしまうので、注意してください。