離婚の事由Q&A

<離婚の事由について>

 

Q 浪費は離婚原因になるの?

 A 程度問題ですが、一般的に借金、入質などは離婚原因になります。勤労意欲の欠如、ギャンブル好き、遊び好きなども離婚原因になり得ます。

 

 Q 飲酒癖は離婚原因になるの?

 A 働かずに飲酒ばかりしているとか、飲酒の上で暴力を振るうとか、などは離婚原因となり得ます。単なる飲酒好きという程度では、離婚原因とはならないでしょう。

 

Q 介護離婚とは?

 A 高齢化の進む現代において、配偶者や配偶者の両親の介護が原因になり離婚するケースは、近年増加の傾向にあります。 介護の方法をめぐってトラブルになり離婚に至ってしまう、このようなケースのことを、介護離婚と言います。

Q 性格の不一致は離婚原因になるの?

 A なり得ます。生活観の違いや人生観の違い、自己中心的な性格、わがままなどにより、回復し難いまでに破綻していると裁判所が判断することがあります。

 

Q 親族との不仲は離婚原因になるの?

 A よくいわれる姑との折り合いが悪いなどのケースで認められたケースはありますが、単なる不和程度では難しいようです。

 

Q 宗教活動は離婚原因になるの?

 A 離婚できる場合もあります。宗教観があまりにも違い、破綻状態の場合です。

 

Q 病気は離婚原因になるの?

 A 病気は有責性とは関係なく、病気であるのに加えて苛酷状況があるならば離婚は認められないようです。ケースバイケースで認められています。

Q 一度の浮気も、不貞行為になるの?

 A 浮気不倫のことを、不貞行為といいます。 法律でいう不貞行為とは、配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつことで す。 配偶者のある者が、配偶者以外の異性と性的関係を持った場合は、その回数に関わらず不貞行為になります。しかし、1回限りの浮気で、本人も十分反省してい る場合は、裁判を起こしても離婚は認められないことが多いです。 なぜなら、裁判においては、継続的で肉体関係を伴う男女関係を不貞行為とすると考えられているからです。ただし、1回限りの浮気であっても、そのことが原 因で、夫婦関係がうまくいかなくなった場合は、婚姻を継続しがたい重大な事由として、離婚を認められることもありますので、 1回限りの浮気なら許されるということではありません。