離婚の慰謝料Q&A

<慰謝料について>

 

Q どんな場合でも慰謝料はもらえるの?

 A 慰謝料を支払わせるほどの有責行為がない場合や有責性の証明ができない場合、有責行為と離婚の間に因果関係がない場合などでは認められません。

 

Q 慰謝料の時効は?

 A 慰謝料は、離婚のときから3年で時効になります。

 

Q 慰謝料の相場は?

 A 離婚の原因や精神的損害の程度などのさまざまな事情を考慮して決められます。額としてはさまざまですが、現実的には0円~400万円程度が多いようです。

 

Q 慰謝料や養育費が約束どおりに支払われないときは?

 A 直 接相手に催告したり、内容証明で催促してもだめなら、強制的に相手の財産を差し押さえることになります。調停調書や和解調書にその内容が記載されていると きは、裁判所から相手に対し、支払の「履行勧告」や「履行命令」を出してもらえるように、申立てができます。さらに、相手の財産を強制的に差し押さえるこ とができます。これは「執行認諾文言付きの公正証書」の場合でもできます。差し押さえできる財産は、給料、預貯金、不動産、家財道具など相手名義のもので す。

 

Q 内縁関係の場合は慰謝料請求の問題が起るの?

 A 内縁関係の場合でも婚姻と類似の法律関係を当てはめます。したがって配偶者の一方が不貞、暴力、遺棄のような行為を行なった場合、内縁関係の不当破棄として財産分与、慰謝料請求の問題が起こります。

 

Q 夫の子を妊娠した浮気相手に慰謝料を請求することはできるの?

  A 婚姻関係を破綻させる原因を作った者に対しを請求することができます。つまり不貞行為であり、双方に対し慰謝料を請求することができます。しかし、相手の女性は妊娠をされているため、相手に収入や財産などの支払い能力がなければ、慰謝料を請求しても実際に慰謝料を確保することは難しいでしょう。

 

Q 不倫相手から慰謝料はもらえるの?

 A 不倫相手に慰謝料請求ができます。金額は100万円~200万円程度が多いようです。不倫をする前から夫婦仲が破綻していた場合、配偶者が結婚していることを隠していた場合、つまり相手方に故意または過失がない場合なは、慰謝料請求は難しいでしょう。

 

Q 夫と不倫相手に、子供の分の慰謝料を請求できるの?

 A 親 の不 貞行為は、子供に対し故意に、他人を傷つけようという気持ちがあるなど特別の事情がない限り、子供に対する関係では不法行為にはなりません。したがって、 親の不貞行為に対し、子供が慰謝料を請求することはできません。ただし、子供からの慰謝料の直接請求は認められませんが、あなたが子供を養育し養育費を受 け取る立場にあり、今後、夫の不貞行為が子供の心身に影響を及ぼし病院に通院等が必要になった場合は、通院費用等を養育費の増額分として申し出ることは可 能です。